• langage
    • 日本語
    • English
    • 中文(繁體字)
    • 中文(簡体字)
    • 한국어
    • ▼Machine translation
    • ภาษาไทย

「100%とんこつ不使用ラーメン」開発秘話

おかげさまで、一蘭には全国で外国人観光客が年間約500万人以上ご来店されます。「とんこつラーメン専門店」の一蘭には、諸事情により豚を口にすることができないが「一蘭のラーメンを食べたい」というお声が約20年前からあがっておりました。 豚を一切使わずに一蘭の「天然とんこつラーメン」の味に並ぶか、それ以上の味になるまでお客様には提供しないと決意し、研究に研究を重ねた結果、一切豚を使用しない「100%とんこつ不使用ラーメン」が完成しました。諸事情によりとんこつラーメンを食べることができない方々、また一蘭のラーメンを愛してくださる皆様、ぜひご賞味ください。

※ハラール認証を受けたチキンやビーフは使用しておりません。
※イスラム教徒向けに特化した商品ではございません。

100%とんこつ不使用スープ100%とんこつ不使用スープ

「100%とんこつ不使用スープ」

豚を一切使用しておりませんが、スープ職人の技術により、味覚が優れた一蘭のお客様にもご満足いただける味に仕上がっております。この味が完成するまでには職人が長い年月をかけ、数えきれないほどの試作を重ね、スープだけでなく麺や赤い秘伝のたれ、ねぎなどとのバランスを考え、ようやく納得する味にたどり着きました。豚を使用していないと思えないほど、天然とんこつスープと遜色なく、味の深みや奥行きを感じられるスープです。天然とんこつラーメンをこれまで長年研究してきたからこそ、この味を表現することができました。

赤い秘伝のたれ

「赤い秘伝のたれ」

一蘭は「赤い秘伝のたれ」発祥のお店です。ラーメンのどんぶりの真ん中に赤いたれを浮かべたのは、一蘭が元祖です。独自にブレンドした唐辛子をベースに三十数種類の材料を調合し、何昼夜も寝かせ熟成させています。単なる辛さだけではなく様々な旨味が口の中に広がり、より一層奥深い味を楽しめます。「赤い秘伝のたれ」はラーメンの中央に美しく仕上がるように周りから円を描くようにのせます。 この店舗でお出しする「赤い秘伝のたれ」は、100%とんこつ不使用ラーメン専用に開発しました。また味を守るために「赤い秘伝のたれ」の材料・レシピは社内でたった4人しか知りません。

一蘭特製生麺

一蘭特製生麺「超生麺15秒の掟」

独自にブレンドした小麦粉を、日々の天候、気温、湿度等を考慮し、毎日違う配合で製麺し、熟成します。美味しさ最優先に製造した超生麺は、スープの中で刻一刻と変化していきます。最も美味しい状態で召し上がっていただくため、一蘭ではラーメンが出来上がってから15秒(28.8m)以内でお客様にご提供することを徹底しております。ご提供時間にそれ以上かかる席は一切設けておりません。それが「15秒の掟」です。また、一蘭の麺は非常にデリケートであるため湯切りは5回という制限がございます。もしそれより多く行った場合には、美味しさを優先するため、お客様へは提供しません。

「召し上がり方」

ラーメンは一杯ずつ作り、最も食べ頃でお出ししておりますので、お連れ様を待たずにお召し上がりください。まず麺とスープを隅の方から三、四口味わってください。その後「赤い秘伝のたれ」を徐こ々に溶かしていくのがおすすめです。「一蘭特製生麺」に「100%とんこつ不使用スープ」をよく絡め味わうことで、スープと麺の調和を存分に感じていただけます。 博多ならではの食文化「替玉」も、ぜひお楽しみください。替玉に少量かかっている「出汁」と麺をよく混ぜ、まずはスープに入れず、そのまま一口味わってください。噛みしめるごとに麺の甘味と香りをご堪能いただけます。その後、残ったスープに麺を入れてお召し上がりください。替玉の注文は、はじめの麺を半分食べ終えた頃にすると、麺を食べ終わる丁度よいタイミングで運ばれてきます。

「味を進化させ続ける」

一蘭では一杯のラーメンを深く深く掘り下げ、今日よりも明日、明日よりも明後日と美味しさを追求し続けております。そのため、この味が完成形ではなく、ここからがスタートと言っても過言ではありません。さらに味を進化させ、より美味しいラーメンを提供できるようこれからも研究、挑戦し続けてまいります。

  • twitter
  • facebook
  • line
  • Instagram

(C) 2017 ICHIRAN

一蘭

Language